フコイダン基礎知識

一定年齢以上の方々にとって、肌艶の衰えは避けられぬ現実的な問題です。いわゆる年齢肌と称されるこの衰えは、生物学的な老化現象であり、個人差こそ見られますが、早い人であれば20代前中半からその兆候が生じ始めます。ホルモンバランスの変化など、さまざまな原因が確認されていますが、皮膚組織付近の細胞1つ1つが元気を無くし、十分な働きが出来なくなる事から、外観上の劣化が目立ち始めてしまいます。

シルクフィブロインここで大切となるのが日常的なスキンケアです。洗顔で汚れを落とした肌は、一気に水分を失い、一時的に極端な乾燥状態に陥ります。若い健康的な肌であれば、適度な皮脂の分泌を通じ、自ら潤いを保てますが、この機能が劣化しているのが年齢肌であり、十分な保湿効果を皮膚にと溶ける必要性が見過ごせません。この重要な効果に優れた成分がシルクフィブロインで、この有効成分を豊富に含むスキンクリームなどの化粧品を用いる事で年齢肌の進行を防ぐ対策が注目されています。皮膚の表面から皮下組織へとシルクフィブロインが浸透する事で、弱体化してしまった細胞に十分な有効成分を届け、各々の働きを活性化させるメカニズムが、アンチエイジング効果に繋がると評判です。

Pocket